世界にはいろいろな音楽・楽器があります

アプリを使って楽器演奏

なにか楽器を演奏したいけど、家にはないし技術もないしと困ってしまう人のために、現在そのような人でも演奏する事ができるよう、アプリが充実しています。
以下、それについて述べていきましょう。
まずはピアノが演奏出来るアプリです。
スマートフォンなどの画面をタッチすることで鍵盤を押すことができます。
鍵盤の数も7オクターブまで対応しているため、弾きたい曲が弾けないということはありません。
更に録音機能もついているため、上達具合を実際に聞いて確かめることもできるのです。
これなら家にピアノがなくても弾くことができるし、時間を気にせず1日中いつでも演奏する事ができます。
たい曲が弾けないということはありません。
更に録音機能もついているため、上達具合を実際に聞いて確かめることもできるのです。
これなら家にピアノがなくても弾く事が出来るし、1日中いつでも時間を気にせず演奏する事ができます。
次に、ギターを演奏できるものについて述べていきます。
ピアノだけではなくギターまで、アプリで演奏出来てしまうのです。
これは画面を爪で弾く事で1弦ずつ音を奏でる事ができます。
音もギター本来の音を正確に再現しているので、実際に弾いているのと変わらない感覚を味わう事ができます。
他にも様々な楽器を演奏する事ができます。
家に楽器が無いから諦めようと思っていた人は、使用してみるといいかもしれません。

おすすめの楽器にまつわるアプリ

既に音楽をしているバンドマンや演奏者はもちろん、少し興味があるという方まで幅広い層におすすめな楽器にまつわるものをご紹介していきます。
まず、ギタリスト・ベーシストに役立つものとして、チューナーアプリがあります。
各社が出している無料チューナーはもちろん、T.C.electronic社が出している有料チューナーは、同社の製品の精度に限りなく近づけたとあって、非常に優秀です。
他に、楽器を演奏している全てのプレイヤーに有益なのがメトロノーム・クリック系アプリです。
BPMの変更や拍子の変更はもちろん、TAP機能つきのものもあり、楽曲のテンポを測るのに最適。
そして、楽器を演奏する上で必要になってくるのが聴音・耳コピ。
これらをサポートする、再生速度やピッチを変更したり、リピート再生が可能なアプリが非常に便利です。
聴きづらい箇所のテンポを落として聴き取ったり、速くて難解なフレーズを繰り返し練習したりとさまざまな使用方法があります。
他にもバックオケや簡単なオリジナル曲が作れるガレージバンドなどの楽曲制作系、楽器がない時にちょっと音を出して確認したい際に便利な鍵盤系など、まだまだたくさんあります。

pickup

Last update:2017/3/6

Copyright 2015 楽器を楽しもう All Rights Reserved.